電力自由化になって様々な魅力があります

電気を利用する人は、その電力を供給する電力会社と契約を結ぶ必要があります。これまでは、地域ごとに定められた電力会社としか契約を結ぶことはできませんでした。つまり住んでいる地域によって、契約できる電力会社は決められており、そこに個人の意思を反映させることは不可能であったと言うことです。よって支払う料金プランも、料金水準も限られたものでした。しかし2016年の4月からは、様々な事業所が電力供給に参入することが解禁され、利用者が任意で契約したい電力会社を選択することができるようになりました。これが電力自由化です。電力自由化には様々な魅力、メリットがあり、ひとつは利用者が自分のライフスタイルに合った電力会社を選択できる、そしてそれに見合った分だけの電気料金を支払いやすくなると言うことが挙げられます。もうひとつは、競争原理が働くことから、様々なサービスが誕生しやすくなると言うことが挙げられます。

電力自由化の魅力~自分に合ったプランが見つけやすくなる

電気は生活していく上では欠かすことができないエネルギーです。ですが、それをどれくらい利用するかは個人や家庭によって大きく異なります。そしてその結果、支払う必要がある電気料金にも差が発生します。従来の場合、契約できる電力会社が限定されていたため、個人や家庭が使用する電力の差が支払う電気料金に反映されにくいと言う状態がありました。割引が適用されたとしても、その選択肢は限定された電力会社の、限定された料金プランの中にしかなかったと言うことです。しかし電力自由化によって、従来の電力会社以外の、様々な事業所がその市場に参入を果たしました。その結果、料金プランひとつとってみても実に様々な選択肢が登場し、利用する電力の差がより電気料金に反映されやすくなりました。これは電力自由化が実現されたからこその魅力だと言えます。

電力自由化の魅力~競争原理が働くようになった

従来の電力会社は、規制によって、特に何もしなくても利用者を確保することができていました。つまりそこに他社との競争原理は存在しておらず、どれだけ料金が高いものであったとしても、利用者はそれを選ばざるを得なかったと言うことです。しかし電力自由化によって様々な事業所が参入したことで、料金プランに差異が発生するようになりました。そして多くの事業所が参入したわけですから、各事業所とも、少しでも自分のところを選んでもらおうと努力をします。このような競争原理が働くと、利用者側にしてみれば選択肢の幅が広がると言う魅力があります。更に市場においても、事業所ごとに個性があるサービスがうまれやすくなると言うことができます。電力の質と言うものは常に一定でなければいけません。しかしそれを供給するためのサービスは、常に向上し、利用者にとって不利益のないものである必要があります。電力自由化は、それを実現させる可能性が高い、魅力あるものだと言うことができます。